通る確率が高い

クレジットカードの審査というのは、わりと通る確率が高いものだと思います。というのは、申し込む人は、普通は定職に就いていて、定収入がある人だからです。無職で申し込んでも審査にはまず通らないということはわかっているので、仕事をしていない人は普通は申し込みません。なので、結果的に、審査に通りそうな人が申し込んで実際に通っているということになるわけです。

だから、カードの審査に申し込んで今まで通らなかったことがないので、落ちるとしたらどういう風な反応がカード会社からあるのか知りたいという人もいるかもしれません。自分はクレジットカードの審査に何回か落ちたことがあります。落ちた時期に、別のカードは作ることが出来たので、なぜ落ちたのかというのはよくわからないんですが、落ちる時というのは、基本的には淡々としています。

よくあるのがメールで結果が返ってくる場合です。自分の場合、所定の審査を行ったが、残念ながらカードを発行することは出来かねる結果になりましたといった風なメールが届きました。申し込むにあたって、自分の個人情報や運転免許の画像などを送ったんですが、そのことについては特に言及はなかったです。たとえば、送られた個人情報は破棄しますとか、免許証のコピーが送り返されるということはなかったと記憶しています。

実際にどういう処理をしているのかはわかりませんが、おそらく、申し込みの情報は一定期間、社内で保管しておいて、しばらくしたら破棄しているのではないでしょうか。デパートの店頭で、即日発行出来るクレジットカードに申し込んで通らなかったこともありました。その時は、申込書をその場で書いて、免許証を渡して、おそらくコピーされたと思うんですが、発行出来ないので返却しますとは言われなかったです。

ただ、発行は出来ません、ごめんなさいといったことを言われて終わりでした。多分、このケースでは、自分が書いた申込書などはシュレッダーで処分されたのではないでしょうか。