全世界でも通用する世界共通のカード

クレジットカードはいつの間にか全世界でも通用する世界共通のカードにまで発展しています。ここまで浸透してきた背景には、アメリカの大手カード会社が日本に上陸し開拓を行ったことと、インターネットの発達により身近にキャッシングができる環境になった事などが挙げられます。でも、私が思うにこれほどまでに身近になったのは時代の進化があるからではないかと思っています。

アメリカではキャッスレスの時代と言われています。お金を持っていなくてもカードがあればどこでもサービスを受け取れる社会になりつつあるとの事です。日本はまだまだそのような環境にはなっていませんが、周りを見渡して見るとそんなアメリカに近づきつつあるんだなという印象を受けます。

さて、そんな身近になっているクレジットカードですがこのカード1枚で融資も後払いもできてしまうので、それなりに信用のある人しか発行してくれません。審査というものが存在しカード会社が独自に採点をして問題なければ発行される仕組みです。私も初めてクレジットカードを作るってなった時は審査があるなんて知りませんでした。

実際私はそこまで若くないし、大手企業に勤めている訳でもありませんでした。そのため審査に通るか不安で仕方なかったんです。ところが蓋を開けてみれば、すんなり審査も通り、今ではクレジットカードを使って毎日の生活を便利に快適にしています。審査ではどんな事が見られるのかを詳しい知人に聞いてみました。

すると、やはり年齢と大企業に勤めているかという部分を重要視するみたいです。クレジットカード会社は連日多くの審査を行います。1人1人の情報を事細かに採点している時間的余裕はないのです。そのため年齢や勤めている企業の大きさなどでその人の輪郭を形成してしまわざるを得ないそうです。

ですから若すぎてなおかつ零細企業などに勤めている人は、信用に値しないと判断され落とされる場合もあるそうです。ですが実際に落とされる人は少なく、日常を生活できていれば大丈夫だと言われています。